北海道鷹栖町地域おこし協力隊募集!

鷹栖町の位置
InstagramTwitterfacebookYoutube
next-takasu

よくあるご質問

Q1どのような人材を求めていますか?

北海道鷹栖町では、スキルや経験を生かして「鷹栖町で活動したい」という思いを胸に本町の地域課題を事業化して解決したい意欲のある方、地域の方と暮らしを共にして起業を目指す方、地域課題の解決案を町民と一緒に考えてくれる方など、地域資源を生かした地域コミュニティの形成と地域活性化に寄与できる人材を募集しています。

Q2活動内容を教えてください

協力隊希望者が提案する「地域で実践したい活動」「任期満了後の起業、定住を目指した活動」をもとに、採用決定者と町で協議して決定します。

Q3どうやったらなれますか?

まず本町による地域おこし協力隊の募集情報をご確認ください。お申し込みの後、選考(書類選考・面接等)を経て採用が決定します。その後、委嘱状等の交付により委嘱を受け、現住所から本町に住民票を移動(Q4参照)、地域おこし協力隊としての活動開始となります。

Q4住民票の移動?地域要件とは?

地域おこし協力隊になるには、現在住んでいる地域(転出地)から隊員として赴く先(転入地)に必ず住民票を移す必要があります。転出地には下記の条件がありますので、応募する前に必ずご確認ください。(※総務省 特別交付税措置に係る地域要件確認表 参照)
・3大都市圏内の都市地域
・政令指定都市
・3大都市圏内の一部条件不利地域
・3大都市圏外の都市地域
・3大都市圏外の一部条件不利地域

Q5活動経費はどうなりますか?

地域おこし協力隊の活動として認められる消耗品、作業道具、資格取得費、研修参加費、旅費等は受入団体が負担いたします。

Q6活動に必要な車両や電子機器類はどうしたらいいですか?

活動に必要な車両は町で用意します。PC等の事務機器は町から貸与が可能です。

Q7住居は自分で用意するのでしょうか?

住居の候補物件を本町から提示、条件に合致する物件をご本人様で借上げていただきますが、家賃については本町が負担いたします。ただし、光熱水費や生活備品等にかかる経費は自己負担です。

Q8引っ越し代は自己負担ですか?

自己負担です。

Q9雇用期間および雇用形態について

雇用は令和3年12月1日〜令和4年3月31日(最大延長期間は令和6年11月末まで)です。雇用開始日は応相談となります。雇用形態は「会計年度任用職員」としての採用となります。

Q10勤務時間および休日について

8:30〜17:00(休憩1時間を含む。1日あたり実働7時間30分)です。休日は土曜日、日曜日、国民の休日、12月30日〜翌年1月4日(本町の規定による)、年次有給休暇10日となります。

Q11ボーナスや残業手当はありますか?

期末手当(ボーナス)は年2回支給されます。超過勤務手当、通勤手当の支給もあります。

Q12加入保険について

健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入します。もし業務中に事故にあった場合は、公務災害補償、非常勤公務災害補償または労災保険で対応いたします。

Q13副業はできますか?

業務に支障がない範囲で可能です。

Q14鷹栖町に提案する活動プログラムを、提案後または本採用前に変更することはできますか?

大丈夫です。活動内容を提案した後でも、必要に応じて内容の修正・提案は可能です。