林 歩実

鷹栖の日常の豊かさ 町民に届けたい

林 歩実さん
任 期 2020.4〜
出身地 福岡県 直方市

地域おこし協力隊インタビュー

林 歩実

鷹栖の日常の豊かさ 町民に届けたい

林 歩実さん
任 期 2020.4〜
出身地 福岡県 直方市

鷹栖の日常の豊かさ 町民に届けたい

今の仕事

地域活動支援の業務を担当しています。例えば農村地区を中心とした地域活性化に携わっていたり、鷹栖の日常をテーマに本を執筆しています。この本は販売用ではなく、町民の方にも鷹栖の日常を知ってもらったり、移住相談にも活用する予定です。

移住の決め手

学生の頃から北海道が大好きで住みたいと思っていました。具体的に住みたいと考えてみると住むなら地域の人と関わりたいと考えるようになり、そういう仕事ができるなら、ということで鷹栖町地域おこし協力隊に応募しました。

鷹栖町のいいところ

さまざまな自然が、日常のとても近くにあるところ

 

終了後のイメージ

現在、デザインを勉強していて、任期後は地域の方と関わる仕事をしながら鷹栖に住み続けたいと思います。

仕事のやりがいを感じるとき

仕事が自由であること。1から企画することが多いことにやりがいを感じます。町民の方に『来てくれてありがとう!』と言われた時はとてもうれしくなりました。

休日の過ごし方

道内をドライブしています。町内なら山道、未知なる道を探すことにハマっています。町内の農家の方に野菜をたくさんもらった時は、トマトソースなど保存食を作ったりしました。

次期隊員へのアドバイス

自分のやりたいこと、地域の方のやりたいこと、鷹栖町役場のやるべきことや方針など様々な事情があります。地域おこし協力隊はそれを考えて行動しなくてはならない立場で正直大変なこともあります。私はその中で試行錯誤している毎日です!

他の先輩のインタビュー記事

記事一覧を表示する